「ブログ」

スタッフブログ

ASL(筋萎縮性側索硬化症)について
2019.07.04

こんにちは。エミシアのおじさんこと伊藤です。
今日はALS(筋萎縮性側索硬化症)についてお話しします。
「ALS」という病名を聞いて、どんな病気か思いあたる人は少ないでしょう。ALSは、脳や末梢神経からの命令を筋肉に伝える運動ニューロン(運動神経細胞)が侵される病気で、難病の一つに指定されています。
 人間の手や足、顔など、自分の思いどおりにからだを動かすときに必要な筋肉を随意筋といい、随意筋を支配する神経を運動ニューロンといいます。「ニューロン」というのは「神経細胞」のことです。
 運動ニューロンは、歩いたり、物を持ち上げたり、飲み込んだりするなど、いろいろな動作をするときに、脳の命令を筋肉に伝える役目をしています。
 この運動ニューロンが侵されると、筋肉を動かそうとする信号が伝わらなくなり、筋肉を動かしにくくなったり、筋肉がやせ細ってきます。ALSはこの運動ニューロンが侵される病気です。

ニューロン

 ALSでは運動ニューロンは侵されますが、知覚神経や自律神経は侵されないので、五感(視覚、聴覚、臭覚、味覚、触覚)、記憶、知性を司る神経には原則として障害はみられません。あなたがだれかに皮膚をつねられたとき、痛いと感じ、つねられた手をひっこめるでしょう。痛いと感じるのは「知覚神経」、手をひっこめるのは「運動ニューロン」の働きです。ALSになると痛いという感覚はありますが、手をひっこめることができなくなります。

呼吸困難

 ALSで侵されるのは、随意運動を行う筋肉(随意筋)を支配する運動ニューロンです。
随意運動とは、手を上げるなど自分の思いどおりにからだを動かす働きのことです。
心臓や消化器も筋肉でできていますが、随意筋ではありません。
心臓が動き、胃や腸で食べ物が消化されるのは無意識に自動的に働いており、これを支配しているのが「自律神経」です。

ALSでは自律神経は侵されないので、心臓や消化器の働きには影響がありません。
 しかし呼吸は、自律神経と随意筋である呼吸筋の両方が関係するので、ALSで運動ニューロンがが侵されると、呼吸筋が次第に弱くなって呼吸が困難になります。

この様な症状がでた場合でもエミシアでは緩和する治療法やアドバイスが出来ます。
是非エミシアにご相談ください。

バックナンバーはこちら
2019年6月24日
2019年5月21日
2019年5月4日
2019年5月3日
2019年4月23日
2019年4月15日
2019年4月2日
2019年3月25日
2019年3月20日
2019年3月19日
2019年2月22日
2019年2月19日
2019年2月6日
2018年7月1日
2017年5月15日
2017年5月9日
2017年4月16日
2016年2月3日
鍼灸接骨院の鍼灸(しんきゅう)とは?
鍼灸接骨院の接骨院(せっこついん)とは?

▲PAGETOP

友達を追加